まだ寒さが残る今日この頃ですが、皆さん、削ってますか!先ほども当社の「デモ&キッチン」店舗でかき氷、削ってきました!(注:このブログは3月に記しています)

さて前回は、ブロック氷機種とキューブ氷機種の違いについてお話しました。
ふわふわかき氷を作るならブロック氷対応の機種がおすすめ、覚えてますか??

では今回は引き続き、機械の違いについてご紹介します。

ところで皆さん、現在業務用のかき氷機を製造している会社、何社ほどあるかご存じでしょうか?
業界の中で大手といわれ、日本で流通が圧倒的に多いのは、“SWAN”と“初雪”の2ブランド。
SWANは池永鉄工株式会社、初雪は中部コーポレーション株式会社が製造メーカーです。
かき氷機を検討すると必ずこの2社の商品にあたります。
どちらも国内かき氷市場では長きにわたり機械の開発・製造をつづけ、今も素晴らしいかき氷機を作り続けています。

ここで私が過去一番たくさんいただいた質問にして、永遠のテーマともいえるものをご紹介します

Q:SWANと初雪はどっちがいいの?

いやー、これはなかなか一口では語れないっすよ。
これだけで一晩語り明かせる、かもしれません。

どちらもいい機種を作っており、また有名店人気店ユーザー様も、SWAN派、初雪派、二刀流、と様々なのです。「どちらがいい」とは簡単にお伝えはできません。
ただ、機種の構造・スペックだけでお伝えできる部分、違いはあります。
ここではその一部をちょっとだけ紹介します。ちょっとだけですヨ!

① ギア駆動の機種はSWANのみ

かき氷機の駆動方式はギア駆動とベルト駆動に分かれます。
駆動方式というのは、簡単にいうと、モーターの回転する力をどうやって主軸に伝え、氷を回転させるか、です。ベルト駆動というのは、ゴムの輪っかのベルトがモーター回転軸と主軸とをつないで回しています。一方、ギア駆動というのはモーターの回転軸と主軸が直接ギアでかみ合わさっているイメージです。
ん~なんだか良くわからん!だからどうした!と言われそうです(汗)。
結論からいうと、ギア駆動のほうがパワフルなんです。ムキムキなんですよ(あくまでもイメージ)。
パワーがあると何がいいの?となりますが、パワーがあると、よりきめ細かい氷を削ることができるのです。ただし注意してほしいのは、かき氷の仕上がりは機械の性能は、一つの要素ではありますが、それがすべてではありません。それらも踏まえ、当社では、最も性能が上の機種は?と言われたら、SWANのSI-100S (or当社オリジナルTKSI-100)をご案内しています。

② 刃の材質が異なる

初雪の機種には鋼製の刃が採用されていますが、SWANの機種には、ステンレス製の刃が使用されています。ここって、意外とカタログやネットの商品情報には記されていないんですよね~。
一般論では鋼のほうがステンレスよりも刃物としては切れがよさそうですが、鋼にもステンレスにもランクがあるので単純な比較はできません。というかどっちが切れる?というのも正直「どちらも切れます」という印象です。ただ違うのは切れよりも耐久性。ステンレスのほうが鋼よりも長持ちしているのが有名店様からのご意見から感じられます。また鋼はサビますのでその点もステンレスとは異なりますね。

他にもお伝えしたい点はあるのですが、ちょーっと長くなりすぎてしまいました(汗)
またまた次回に続けたいと思います。